赤い下着の女性

デリヘル嬢を極力自宅に呼ばない

ハート

デリヘル嬢にとって、客の自宅を訪れることは勇気が必要です。玄関を開けて何足も靴が置いてあると男が複数隠れているのではないか、怪しい香りがすると違法薬物を使用しているのではないか、自宅でも集合住宅であれば大声を上げ助けを呼べても一軒家では絶望的です。
デリヘル嬢と信頼関係を築くには、複数回同一のデリヘル嬢を指名する必要があり、自宅に招く場合は信頼関係を築いてからです。客の中には、デリヘル嬢は客を選べないと思っている方がいますが、問題に発展する恐れがある場合は、デリヘル嬢からキャンセルすることもあり得ます。問題に発展する恐れとは、客が皮膚病や性病などデリヘル嬢に病気を感染させる、ナイフなどの武器を所持しデリヘル嬢に危害を及ぼす、部屋にビデオカメラが置いてありデリヘル嬢を撮影するなどです。
プレイ途中に危険を感じたら、デリヘル嬢は返金することなく立ち去ることも出来ます。ホテルやレンタルスペースであれば、客が変わる度にシーツ交換や掃除が行われ衛生的ですが、自宅では客自ら行わなければならないため衛生面でも不安があります。
自宅の住所や電話番号をデリヘル店に教えても利用目的以外で使用されることはありませんが、自宅にデリヘル嬢が訪れると近隣の目につくため、互いの為にも極力自宅は使わないほうが望ましいです。